アニマル・ウェルネス・センター
アニマル・ウェルネス・センター
所在地 東京都西東京市谷戸町1-27-8
TEL 042-438-7811
FAX 042-438-7812
メール
ホームページ
10月に入り、すっかりと秋らしくなってきました。
だんだんと寒い日も増えてきましたね。

今回は、寒さとも関係のある“尿石症”についてお話しします。



わんちゃんやねこちゃんは、寒いとお水を飲む量が少なくなる傾向にあります。
冬場は、運動量のが低下したり、のどの渇きが減るためです。
特にねこちゃんは、元々お水をあまり飲まなくても生活できるので、寒くなるとより一層進んではお水を飲まなくなります。

そして、お水を飲む量が減ってしまうと、その分オシッコが濃くなります。
濃いオシッコはになるとオシッコ中に“結晶”をどんどん増えて、それらが固まることで結石となります。

こうして、尿路中に尿結石ができてしまった状態を“尿石症”と呼びます。

動物病院でも、尿石症の患者さんは冬にかけて多くなってきます。

尿石症は痛〜い病気です。結石が尿路を傷つけてしまうので、排尿の際も痛みを伴います。
そして、最悪の場合、結石がつまってオシッコが出なくなり、死に至ることもあります。
また、この病気になった子は、繰り返し結石が出来やすく、再発の可能性が高いのです。

飲水量を減らさない為に、いつも飲むお水に工夫をするのも良いかもしれません。
例えば、こまめにお水を変えてあげたり、お水を飲める場所を増やしてみたり、ドライフードをお水でふやかしてみたり・・・。(ちなみに院内新聞の第12回わかばで飲水量を増やすコツをご紹介しています)

しかし、ここでお話しした「飲水量の低下」は尿石症の原因のひとつです。
定期的にオシッコの検査をし、異常に早めに気付いて、尿石症にならないようにしてあげましょう。

アニマル・ウェルネス・センター
アニマル・ウェルネス・センター 携帯でアクセス  PETSITE アニマル・ウェルネス・センターからの「お知らせメール」を希望される場合には、下記のメールアドレスに空メールをお送り下さい。ご登録後、配信致します。 awc@petsite.jp


ログイン