石田動物病院
石田動物病院
所在地 川崎市川崎区鋼管通2-19-16
TEL 044-344-0678
FAX 044-344-0774
メール
ホームページ
石田動物病院
出戻り君!

新しい家族が見つかりました。
ご協力ありがとうございました。





ご愛顧いただいているドックフード、クレドにポイントシールがつきます。
ポイントを集めて商品をゲットしてください。
セラドン焼きの丸皿(抽選)やナラヤのエコバック(必ずもらえる)です。
来年の3月31日までなのでいっぱい応募してくださいね、






ワンちゃん用のちゅーるが発売されました。
低カロリー、無香料、無着色、塩分控えめで老犬や持病のあるワンちゃんにも安心して与えられます。
保水作用が強い製品で、老犬や病弱なワンちゃんに最適なおやつだと思います。
カラハリスイカ果汁、ユーグリナ配合。
1本121円(税込)少々高めですが体に優しいおやつです。
投薬にも応用でき、猫ちゃんにも与えられます。
なかなか良いものですよ!!
特に老犬、老猫にオススメです。


今ならまとめ買いセール実施中です。




ペッティツからも老犬用のおやつが発売されました。
¥1320(税込)で少し高いですが体にいいものを!!
これも低アレルギー用、ミネラルコントロール用同様に安心して与えられます。

















当院でも、川崎じもと応援券が使えるようになりました。
是非ご利用ください。









お車でお越しの飼い主さんへ!

当医院の前に駐車していただいても構わないですが、横断歩道に掛かっての駐停車は絶対になさなぬよう願います。
他の車や人の安全のために!!





みなさまお気づきかもしれませんが、先月よりレジ袋を廃止の方向へ動いてまいりました。
在庫もなくなったので、フード等のご購入の際は、マイバッグをご持参ください 。
どうしてもレジ袋希望の方には有料にてお渡しします。









新型コロナウイルス感染症について

当院の方針としまして、完全終息になるまでまだまだ3密対策とマスク、消毒の徹底を実践いたします。
みなさま、ご協力の程宜しくお願いいたします。



ご理解のほど願います。



あと少し自分たちでできることを実践し頑張って乗り切りましょう!!









コロナ対策もそうですが、この時期から豪雨・洪水対策のことも少し考えなければなりません。
飼い主さん含め、避難方法や避難に最低限必要なものなどもう一度見直してはいかげですか?

こうならないことを祈るばかりですが






フィラリア感染症予防にについて

11月までしっかり予防しましょう!!






予防方法は今年も3通りの方法で行います。

1.ビスケット状の錠剤でフィラリア、お腹の寄生虫を予防するタイプ

2.ジャーキー用の飲み薬でフィラリア、ノミ、マダニ、お腹の寄生虫を予防するオールインタイプ。

3.注射によってフィラリア症のみを予防する予防接種タイプ(諸般の事情より少し値上げいたしました)


それぞれ指向性や目的に合わせて処方しております、詳しくはお尋ねください。


まだまだ予防は間に合います。
予防されてない方はお早めに!!

別途にノミやマダニの予防が必要になるタイプもありますが、費用的にはオールインタイプとほとんど変わりません。
どちらかといううとオールインタイプがオススメかな?

毎年注射で予防されている方も多いですが、注射だと100%予防でき、毎年の検査が必要ないのですが4年に一度ぐらいは検査しております。


この時期に、フィラリアの検査ついでに?健康診断(生化学検査、血液検査)はいかがですか?
検査される方も増えております。
健康な時の身体の状態を把握するのも疾病予防に大いに役立ちます。
是非この機会に!!



緊急事態宣言を受けて、当院の診療体制についてのお知らせ。(改訂版)

(公社)日本獣医師会の『新型コロナウイルス感染症の基本的対処方針・小動物診療等の対応について』に沿った診療になります。
ただ今までの診療方法やスタッフ人数や病院設備などで!00%沿った形には出来ないことをご了承ください。
今当院でできる限りの対応になります。
(完全予約制にしたいのですが、現段階では無理でした)



3密対策


待合室が混み合う場合は、外でお待ちいただくか車等の中でお待ちして頂きます。
あまりにも酷い場合は、動物の状態を確認して診療をお断りすることもあります。
あまりにも緊急性がない動物の診療もお断りすることもあります。

朝9時台と夕方16時台は非常に混み合いますので、この時間帯を避けていただければ幸いです。
不安な方は一度お電話ください。
状態が安定している動物の場合は、継続のお薬の処方のみの対応になります。
可能な限り、オーナー様お一人で来院されることをお願いいたします。
必ずマスク着用で来院してください。
院内玄関に消毒液を準備してあります、適宜ご使用ください。

診療中は常に換気に注意を払っています。
ちょっと暑いかもしれませんし、虫が入ってくるかもしれませんがご理解ください
       
空気清浄機も総動員しております。

できる限りソーシャル ディスタンスを取り問診、診療の会話を短時間で済むように心がけております。
スタッフ全員マスク着用と、場合によっては防御服を着用します。


適宜院内外の消毒を実施しております。
その他気になるようでしたら消毒液をお貸しします。
院長含めスタッフの健康管理も毎日チェックしております。


もしももしも、飼い主さんが発熱、咳等の症状があるときや最近海外渡航歴がある方は、必ず我々にお伝えください。
このような方は必ずマスクをしてください。






飼い主さんや当院のスタッフの感染リスクを極力軽減するとともに、万が一新型コロナウイルス感染が当院にて認められた場合の診療完全停止や人の生命を脅かす最悪の事態を避けるための措置とご理解ください。

いろいろご迷惑おかけしますが、ご協力願います。





具体的な対応方法です。

 1、混む時間帯は避けてください

診療開始の午前9時台と午後4時台は非常に混み合うことが予想されます。
密集、密接を避ける意味でもこの時間帯をできるだけ避けてください。
勿論、具合の悪い動物に関してはこの限りではありません。


混雑の確認と電話による問診等で迅速に診療が行えることもできます。
場合によってはお薬の処方だけで済むこともあります。

無症状のキャリアも増えているようです。
移さない、もらわないが基本です。
マスク着用と出入口での消毒は基本中の基本と考えております。

 2、必ず健康な方お一人で

もちろん体調不良の方のご来院はご遠慮ください。
また必ずマスク着用と手指の消毒にご協力ください。
感染しない、させない為に


 3、待ち時間

待合室で離れてお座りいただくか、外でお待ち願います。
可能な限り、移動用のケージや、キャリー等に入れてお連れください。


 4、診療方法

飼い荷主さんの立会い無しで診療することがあります。

問診や稟告を電話や外で行うことがあります。

あまりにも時間がかかる処置、治療が必要な場合飼い主さんに一旦お帰り願うことがあります

皆様、ご理解とご協力よろしくお願いいたします。

もしも飼い主さんがコロナに感染し、その方の動物を診療またはホテルにとお見えになる場合または代理の方がお見えになる場合でも必ずお電話ください。
いきなり直接のご来院は固くお断りします。





ワンちゃんネコちゃんのコロナウイルス感染症について

人の新型コロナウイルスがワンちゃんネコちゃんに感染することは全くありません。(現在の研究報告による)

ただワンちゃんネコちゃんにもコロナウイルス感染症はあります。

犬コロナウイルス感染症
腸炎をおこす感染症で治療にうまく反応し、数日で完治します。人には移らない。
どちらかと言うと稀な感染症(知らずに感染し知らずに治ってるような感じ)です。



猫コロナウイルス感染症
悪名高いFIP(伝染性腹膜炎)を引き起こすウイルスです。
これは猫世界では致死率の高い(ほぼ100%)感染症で要要注意しなければならない感染症です。これも人には移りません。


最近の研究では、ネコ科の動物およびフェレットは新型コロナウイルスの感受性が高いと言われていますが、まだはっきりしたことが解明されていません。
続報が出ればまたお教えします。

よく質問されますが、安心して一緒に生活してくださいね。



動物への消毒薬の使用は、注意して下さい。
アルコール系の消毒薬の使用は動物たちが急性アルコール中毒になることがあります。
死亡例も聞いています。
飼い主さんも含め体に優しい消毒薬を使用しましょうね!





狂犬病予防接種の書類が保健所から郵送されてきました。
書類には4月1日から6月30日までにと書いてありますが、もう接種出来ますのでお時間ある時に書類を持参の上ご来院ください。

今年は特例で9月以降まで、接種期間が延長されました。
余裕を持ってご来院ください。


新規登録が必要な方(生まれて初めて狂犬病の予防接種を受ける方)は、随時ご来院ください。






何故かお水を作る機械がよく売れています。
少々お高いですが、興味のある方はお尋ねください。
お友達とシェアしてもいいし・・・・
外出自粛の影響もあるのかな?
そろそろ予防を!

ついにマダニ介在疾患(SFTS)陽性の猫が川崎で認められました。
下記にも書いたおりますが、人獣共通感染症でとても怖い感染症です
動物たちがマダニに感染しないことでしか感染症は予防できません。
外に出るワンちゃん、ネコちゃんは通年のマダニ予防を強くお勧めします。





人で言う、プロテインみたいなサプリメントが発売されました。
立ってる時に後ろ足が、ガタガタ震えラリ足が徐々に開いてきたりする中高齢の動物に最適です。
グルテンフリー(低アレルゲン)HMB(筋肉維持のサポート)緑イ貝、ビール酵母、イチョウ葉エキスなど抗アンチエイジングにも効果が期待できます。
¥1980(税込)5Kgのワンちゃんで40日分



マダニからヒトに感染するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)の症例が全国的に増加傾向にあります。
飼い主さんも動物に帰省しているマダニや引っ掻かれたり噛まれたりすることから感染し、飼い主さんが最悪死亡する事が報告されています。
人の診断もなかなかスパッと行かなくて手遅れになる(重症化)ことがあります。

予防しか方法がありません。
不幸なことに、動物病院のスタッフも感染してしまった病院もあります。
罹患動物の診断もなかなか難しい疾患です。

マダニの予防を通年実施すりことを強くお勧めします。


健康診断(血液検査)ご希望の方は食事を抜いて来院されると正確な数値が出ます。

今年から18項目の検査を実施しております
また腎臓疾患のマーカーも測定でき腎臓疾患の早期発見ができるようになりました。
特に高齢のワンちゃんネコちゃんにはオススメします。

健康なときの正常値を把握しておくのも重要なことですので、一度検査をお勧めします。
 
分からないことがあれば、ご相談ください.



水を販売開始しました。
伝医水というものです。
真水に特殊な電気を通した飲料水で、無味無臭の水です。
毎日飲むとこによって、口のトラブル(口臭、歯垢、歯石、歯肉炎、口内炎)の効果があります。
続けることによって泌尿器系、腎臓系の健康などいろんなところに効果があるようです。
なかには、涙やけが落ち着いてきた、食糞がなくなったという声も聞きます。
是非一度お試しください。
水にコダワリのある方、少しでも健康的な生活を送られたいと考えられている飼い主さんや老齢な動物に特にお勧めします。
空のペットボトル(2l)をご持参ください。
2L ¥216

初めて試される方やペットボトルない方は、こちらで準備しますが
¥324になります。

もちろん人が飲んでも問題ありません。

一度お試しを!!

空のペットボトルや、瓶をご持参いただければ、すぐにお詰めします

沢山の飼い主さんに、ご利用いただけています。
今のところ好評をいただいております。

本当に一度お試しを!!


一つだけ欠点があります
当院で精製しておりますが、数に限りがございます。
タイミングが悪いと在庫切れの時もあります。
ご了承ください。


高機能保湿成分配合のシャンプーが発売されました。

アトピー、アレルギーなどで皮膚が痒い赤くなっている
この季節フケがひどい
皮膚がカサカサ、もしくはベタベタしている
皮膚病で治療している、皮膚病に最適です。

こんなワンちゃん猫ちゃんにおすすめです
¥3132税込み

同様な作用があり、日常的に使えるシャンプーも発売されました。
¥2592です。
ヒノケアシャンプー(カサカサ用、ベタベタ用)が一本化されたものです。
日頃何にしようか、お悩みの方におすすめです。





なかなか、使える空気清浄機を見つけました
ペットの尿臭、便臭はもちろんお部屋全体の消臭にかなり効果があります。
当院で実証済み
また、介護されている方のベット周りにの消臭にも効果があるようです
レンタル制ですが、あれこれ困ってられる方は一度お試しください。
最強に近いかも(個人的な感想)
一ヶ月無料です。
当院にパンフレット置いてあります

























診療時間中、電話にでられないときが多々あります
そんな時は、少し時間をおいておかけ直しください
ご迷惑おかけします


休診のときは必ず留守電になってます










【11月のスケージュール】
3日(火)
10日(火)
17日(火)
18日(水)臨時休診です
24日(火)





毎週火曜日は休診日でお休みです
 

突発的にお休みする日が有るかもしれません
そのときはお知らせいたします


緊急時は遠慮なく
予約にて往診も受け付けております。(AM12:00〜PM4:00)
※ただし予約は診療時間内にお願いたします。

当院の院長は,犬・猫の診療は勿論の事爬虫類・両棲類の診療も実践しております。

お困りの事等ございましたら、お気軽にご相談下さい。


夜間、救急も連絡くださいね
出来るだけ善処いたします

時間外診療費がかかる場合があることを予めご了承ください。

044-344-0678
080-3432-0678
まで、遠慮なく!

スマートフォンからLineでもかまいません
携帯番号から検索してください


それでも連絡つかないときは
獣医師会の救急センターまで
044-811-9950




石田動物病院
石田動物病院 携帯でアクセス  PETSITE 石田動物病院からの「お知らせメール」を希望される場合には、下記のメールアドレスに空メールをお送り下さい。ご登録後、配信致します。 ishida-vet@petsite.jp

石田動物病院
川崎市川崎区鋼管通2-19-16
044-344-0678


ログイン